刺激的ゴリラブログ

刺激的な毎日を提供したいです

人間の脳は3つ以上物を考えられない!?作業を効率化する方法

f:id:USG:20180205004440p:plain

 

どうもゴリラです!マルチタスクは効率が悪いという話は以前から聞いていたのですが、ITmedia NEWSから興味深い記事があったので紹介します。

 

この記事によると、人間は多数のタスクを同時に処理しようとすると逆に脳の機能が損なわれるという研究結果です。

 多数のタスクを同時に処理する能力は簡単に手に入ると考えている人もいるかもしれないが、Science誌の最新号に掲載されたリポートによると、2つのタスクを処理するときには、脳の左右の前頭葉が自動的に処理機能を2つに分割するという。脳の処理能力を超える複数のタスクを同時に与えると、脳が効果的に機能する能力が損なわれると同リポートは警告している。この研究結果を発表したのは、Institut National de la Santeのシルバン・シャロン氏とEcole Normale Superieureのエティエン・ケクラン氏だ。

www.itmedia.co.jp

 

 

要約すると

  • 複数タスクの処理を行うのは前頭前皮質前部
  • この前頭前皮質前部は2つを処理することは可能
  • 3つ処理しようと思うと能力を超える
  • 人間の高度な認識能力は基本的に二重構造
  • 人々が2択を好み、3択以上になると悩むのはこの理由
  • マルチタスクを行う人は認識能力を超えているので効率が悪い

 

 

宮本武蔵から2ch管理人までシングルタスク!?

う~ん確かに2チャンネルの管理人ひろゆき氏も過去のインタビューで、タスクの処理は宮本武蔵のように、同時ではなく一つ一つ処理するといったことを言っていました。

 

五輪の書』っていう、武蔵の兵法書があるのですが、その中に一対一で戦うことと、集団と戦うことは同じと確か書いてありました

つまり、刀は一本なわけですから同時に戦うって物理的に不可能です。

多数と戦っているようでも実際は、順番に一人一人とすばやく戦っているのです。

あと集団戦に勝つためには、一本道に誘い込んで一人ずつ処理していくとか、タスクの処理とチャンバラもおなじなのですね。

 

優秀な人ほどマルチタスクをしないのかもしれません。

 

あとゴリラ音楽理論を調べたとき、人間は2つのメロディーを重ねて聴くことは出来るけど、3つ以上になると音の塊として認識してしまって、あまり意味が無いというのを見ました!

 

そう考えるとクラシックのような旋律が幾重にも重なる音楽より、ドラムとシンプルなメロディーのクラブミュージックが世の中で流行る理由も解りますね。

 

しかし、調べると人口の2%の人類はスーパータスカーと呼ばれ、マルチタスクを出来る人間らしいです。

 

自分が天才かどうかがわかる「スーパータスカー診断」 | パレオな男

 

↑コチラのブログで紹介され、診断も出来るみたいなのでやってみてください。

ちなみにゴリラは100%スーパータスカーではないので診断してません!人間かもあやしい笑

 

マルチタスクは精神を疲弊させる脳の浪費に等しく、放置すると早期の認知機能低下につながりかねない。また、マルチタスクが長年の習慣になっている人は、脳の記憶を司る部分にダメージを与える可能性があるストレスホルモンのコルチゾールの値が高くなることがわかっている。

 

マルチタスクをすると脳を損傷、早期の認知機能低下につながる可能性。シングルタスクで脳に若さと活力を。 : カラパイア

 

 

ちょっとまった!コルチゾールも高くなるのか!!

 

中高バリバリに勉強してこなかったゴリラが数少ない知っているホルモンの一つ!

 

f:id:USG:20180130235559j:plainこいつは筋肉を分解するで!!!みんな気をつけろ!

 

カラパイアさんの要約

  • 脳は1つ以上のことを処理できない
  • やっているつもりでもタスクを切り替えているに過ぎない
  • マルチタスクよりシングルタスクのほうが効率良い

 

おそらく1つと言うのは、問題を解いたり、読んだりするわけですから2つの処理をまとめて1つといっているのだと思います。

 

f:id:USG:20180130175908j:plainそうか!ゴリラが頭悪いのは世の中がマルチタスクを押しつけてたから悪いのか!