刺激的ゴリラブログ

 刺激的な毎日を提供したいです

【快挙】イーロンマスク積載量54tの超巨大ロケット打上げ成功

 

f:id:USG:20180207160945j:plain

 

ニューヨーク(CNNMoney) 米宇宙開発企業スペースXは6日午後3時45分ごろ、世界最強の実用型ロケットと呼ばれる「ファルコンヘビー」をフロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げた。

打ち上げから約2分半後、1段目のロケットブースター2基が切り離されて、地球へ帰還。現地で打ち上げの様子を見守っていた見物人からは大きな歓声が上がった。同社のライブ中継は約300万人が視聴した。

打ち上げの成功は、確実視はされていなかった。経営者のイーロン・マスク氏は前日の5日、CNNの取材に対し、「世界中の人々が、偉大なロケットの打ち上げか、あるいはそれまで見たこともないような最高の花火を目にすることになる」と話していた。

スペースXは、切り離されて地球に戻ったロケットブースター2基を、ケネディ宇宙センターの発射台へ同時に垂直の状態で着陸させることにも初めて成功した。

 

CNN.co.jp : 世界最強の実用ロケット「ファルコンヘビー」、打ち上げ成功

 

商業衛星を低コストで打ち上げているイーロンマスク率いるスペースXが今回新型巨大ロケット「ファルコンヘビー」の打上げに成功しました。

しかも、赤いスポーツ車を火星に向かう起動に向けて発射したようです。

 

ファルコンヘビーとは?

ファルコンヘビーとは二段式ロケットの構造をもち、積載量が低軌道に54400kg、静止トランスファ軌道に22200kg、火星軌道に13600kgという超大型重量貨物打上げ機です。

 

そしてなにより、その驚異的な低コストです。

スペースX社は、ファルコンヘビーの打ち上げにかかる最低限のコストは9000万ドルほどとしている。一方、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス社のデルタIVヘビーというロケットは、ファルコンヘビーの半分ほどの積載量であるにもかかわらず、1回の打ち上げに少なくとも3億5000万ドルが必要となる。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/020600056/?P=3

 

実用化れれば火星へ安価な探査をしたり、宇宙空間に重量物を運ぶことが可能になります。

 

www.youtube.com

 

 

 

f:id:USG:20180126201804j:plain凄いですね!ここにきて一気に宇宙開発が発展した感じがします。