刺激的ゴリラブログ

情報過多のインターネット時代に価値のある情報を選ぶ手助けをしたいです ⬇︎Twitter⬇︎ https://twitter.com/Exagorilla

MENU

会社やめたいからアフリエイトで月5万円稼ぐ方法を本気で考えてみる②「儲かる人を考える」

毎度どうもゴリラです

www.gorigori.site

 

前回の記事では

5万円を稼げるメリット】と【情報の価値】について考えました

 

今回考えたいのはズバリ!

情報を利益にしていく人々です

 

僕が考える人々は3タイプいると思います 

 

結論から言えば目指すべきは共感される人

 

これからその3タイプを紹介したいと思います

 

情報を販売する3タイプの人間

国に守られた勉強が得意な人達

国に守られた勉強が得意な人達とは、要するに国に認められた資格を有する人達のことです

最も有名なのは

f:id:USG:20190203004404p:plain

彼らは国に守られた権利を有しているため、貴重な情報を独占し収益出来る権利があるのです

 

例えばこのサイトを通して税金のことについてアドバイスしていたら、税理士法に抵触し、刑罰の対象になります

 

あまり商売センスがなくても、取得してしまえばある程度稼げるので平均値は最も高いと思います。

人の心が分かり、販売が得意な人達

このネット社会のインフラが整備されて、おそらく一番儲けているのはこの人達だと思います

皆さんは何気なく公式サイトのように使っている公式サイトが個人サイトだということを知っていましたか?

 

例えば

その作り込まれたサイトはもはや公式サイトと思って買ってしまうのです

しかし、これらのサイトは個人が企業から案件をもらって個人が制作しているのです

 

f:id:USG:20190203004528p:plain

また、秒速で億を稼ぐなど、分かりやすいキャッチコピーとリースした高級車やマンションなどの写真で人を騙し、儲からない情報商材ネズミ講ギリギリのマーケティングで売りさばくなど

 

さながら分かりやすいイデオロギーとパフォーマンスで人々を誘惑する

ヒトラーに代表されるような扇動政治家と言えましょう

 

お互い利益を得ているものは良いと思いますが、商材系は確実に買う方は一方的に搾取されてると言えます

 

彼らは共通した能力を持っています

それは

人心を良く理解しているということ

悪く言えば

人を騙す方法を良く知っているということ

 

彼らが最強なのは、売りたいものを売れるという点です

 

ではこれは誰でも出来るのかといえばそうではありません

何かしらの能力が必要になってくるので、狙って時間を投資しなければなりません

 

例えば販売サイトは一目で見やすく、公式感を出すかなどは

サイトを構築する技術だけでなく、どのようなデザインや文章なら人は購入するかなど、ある種のセンスが必要になってきます

 

本を読んだ程度でそれが身につくならみんな売れるのです

 

そして、商材系は人を騙しても心が痛まない一種のサイコパス的な病的な能力と言えますね

 

人々の共感や支持を得るのが得意な人達

これは僕も目指す人達です

この人達は自分の体験や考えなどを発信することによって、人々に共感や支持を集めることによって利益を得ます

例えば

  • ブロガー
  • アイドル
  • アーティスト...etc

例えば僕のようなブロガーは自分が実際に使った物をamazonなどのリンクを紹介することにより、それに共感して買ってもらえれば利益になります

f:id:USG:20190203004550p:plain
やはり共感能力の高い女性の活躍が著しいようにも感じます

女性特有の育児の辛さや、社会でのパワハラなど、例えそれが問題の直接的な解決手段にならなくても、共感を求めてる人にとってはそれ自体が大切だったりします

 

またこの人なら何かくれるという信用が大切になってくると思います

 

例えばアイドルはこの子は絶対裏切らないと言う信頼のもとに支持を得ているわけですから、朝帰りなどNGと言うわけです

 

僕が思う最強はアーティスト

そういった意味で最強は音楽家だと思います

youtuberの再生回数の上位はほとんどが音楽PVだと思います

 

ヤンキーだろうがオタクだろうが、若者だろうが老人だろうが音楽をみんな聞かないということはないでしょ?

 

昔は事務所など、メジャーに所属しなければ、人々に知ってもらえることができなかったので売れるにはある程度のレベルが必要だった

 

しかし、今の時代はYoutubeSoundcloudが事務所であり全てです

そこにオーディションやコネなどありません!

ただ単純に良い!と思わせれば勝ちなのです!

 

ここで紹介したいのがアメリカのチャンスザラッパーといアーティストだ

f:id:USG:20190203002155j:plain

彼は個人で制作した音楽でグラミー賞を受賞したばかりでなく

驚くことに

音楽やCDなどの販売は一切していなく、事務所にも入っていないのだ

 

少し前であれば音楽で稼ぐためには、販売を専門にした事務所に入らなければいけないのだ

 

しかし現代では事務所に入らなくても再生数に応じて利益が入ったり、音楽以外の物販の販売を個人でおこなえるため可能なのだ

 

つまり

事務所に入らないので、余計な口出しをされず

高品質な音楽を作り続ける→ファンも喜ぶという最高のサイクルが可能になる

 

それは自分で作ったお笑いのショートコントなどでも良いと思う!

 

例え大儲けできないとしても、人々から支持がもらえるという点では最も幸福度とやりがいがあると言えます

 

結論

 

目指すべきは共感と支持の得られる人間