刺激的ゴリラブログ

情報過多のインターネット時代に価値のある情報を選ぶ手助けをしたいです ⬇︎Twitter⬇︎ https://twitter.com/Exagorilla

MENU

スティーブジョブズも使ったLSDってどんな薬?気になったから調べてみたよ!

スティーブジョブズも使ったLSDってどんな薬?気になったから調べてみたよ!

LSDという薬物を聞いたことがありますか?

著名なアーティストや経営者、研究者に使用経験者が多く、社会的に評価されている有識者たちがこのような薬物に手を出すのか疑問でした。

<著名な使用者>

  • スティーブ・ジョブズ
  • ビル・ゲイツ
  • フランシス・クリック(DNAの二重螺旋発見)
  • キャリー・マリス(ノーベル化学賞)
  • ウォルト・ディズニー

アーティストなどは反社会的な薬物乱用者が多すぎるので、一般的な例としては不適切かと思いあえて載せませんでした。

 

ジョブズは「自分はドラッグなしでは成功できなかっただろう。仕事の重要な部分はLSDなどの違法薬物のおかげだ。」と語っています。


意外なことに調べると経営者や研究者といった、合理主義を代表する様な職種の人が多いのが驚きです。

ここに載せた人物意外にも有識者でありながらLSDの使用を公言している様々な人が多く出てきました。

 

以下LSDの歴史や効果を調べてみました。

<目次>

LSDの歴史

LSDの発見

元々は科学者であるアルバート・ホフマンが脳血管性頭痛・片頭痛に対する治療薬として植物から化学物質を分離したりしている行程の中で生まれた薬物の様です。

ホフマンの指に一滴付着しただけで脳に作用し、視野にある全ての像は揺れ動き、歪曲化され、空間は回転し、家具は生命を帯びグロテスクになり、となりの夫人は意地悪な魔女に見えたそうです笑

 

常人の我々からすると何を言っているのかわかりませんねw

しかし、その様な状態がおさまると、感謝と肯定的な気持ちが生まれ、徐々に万華鏡の様な美しい世界が広がった様です。

LSDの研究

やがて上記の様な体験から精神治療の分野に応用できるのではないかと、世界的に研究が加速していきます。

 

精神治療の分野ではかなりの成果があげられ、また死の近い末期の患者にはLSDによる宗教的・哲学的体験により死に対しての恐怖を緩和できることが明らかになりました。

 

軍事研究

軍によって自白剤として研究されていた様ですが、被験者が無限のエネルギーと結びついたと妄想し、逆に自白を促す効果はなかった様ですw

僕も無限のエネルギー欲しいっす笑

 

あとはLSDを散布することによって作戦地域の戦闘員や住民を無効化する案もあった様です。

爆弾で焼かれるよりは人道的かもしれませんね。

 

民間に広がる

様々な分野で一般的な研究対象になると、今度は民間人に広がり始めました。

1960年代に一般的に広がり始め、この頃世間ではベトナム反戦運動や公民権運動がピークになっており、反政府的な運動とLSDが結びついていきました。

LSDの終焉

上記の様な反政府運動は過激になり、マスコミの報道によって世論はLSD規制の流れに動きました。

驚くことに日本では1970年になり、麻薬として認定されるまでは合法だった様です。

 

現在では様々な研究機関が正しく運用するために臨床試験を行なっている様です。

 

LSDの効果と体験談

 

LSDはその依存性の低さと、神秘的な体験ができることから多くの人の体験談がネット上に落ちています。

面白いものをいくつかピックアップしてみたいと思います。

 

一般的に言われている効果 

楽観主義・社交性・創造性が上昇したという効果が多いようです。

しかしながら、人によっては恐怖感や不安感も誇張される可能性があるので全て一般化はできませんね。

 

f:id:USG:20190306201841p:plain

f:id:USG:20190306201849p:plain

毒性に関してはほとんど死亡例が無いため致死量がわかっていません。毎年死者が出るアルコールやカフェインなどに比べると安全ということがわかりますね。

また依存性もほとんど無いようです。 

 

平和を愛する現実的では無いヒッピー達の思想と相性がよかったのもうなずけますね。

Twitterでの体験談

キメねこ(キメねこ (@kime_neko) | Twitter)

※この漫画はフィクションです。作中で描写される人物、出来事は全て架空のものであり実在のものと関係ありません。また、実在の人物、名前、商品、土地とのいかなる類似あるいは一致も、全くの偶然であり意図しないものです。

f:id:USG:20190306204309p:plain

f:id:USG:20190306204316p:plain

f:id:USG:20190306204323p:plain

f:id:USG:20190306204334p:plain

f:id:USG:20190306204341p:plain

f:id:USG:20190306204356p:plain

f:id:USG:20190306204401p:plain

 

漫画にされるとなんだか面白いですが、ある程度予備知識無いと怖いですよね笑

壁がピンク色になるってウォルトディズニーのピンクの象じゃないっすか笑

f:id:USG:20190313163346p:plain


 

脳の状態は?

面白い体験記事を発見しました

なんとLSDを使用すると柔軟な子供の頃の状態になるという研究結果が出たのです。

f:id:USG:20190306205235j:plain


「わたしたちの脳は、幼少期から成人期へと成長する過程で機能の区分化が行われます。そうして大人になるにつれて、思考力がつくのです」と、カーハート=ハリス博士は言う。「しかしLSDの影響下にある脳は、幼少期の脳の状態と多くの点でよく似ています。自由で束縛がないのです。このことは、幼児の心が過度に感情に左右されやすく、想像力が豊かであることを考えてもイメージできるでしょう」

LSDは脳を「子どものころの状態」にする:研究結果|WIRED.jp

 

仕事の生産性をあげるためにLSDを7日間試しに飲んでみた体験

20代のLSD未経験の実業家が7日間に及び、仕事の生産性をあげる目的で服用実験をしました。

 

実録!ジョブズがすすめた違法ドラッグ「LSD」を試しに7日間使ってみた - マダム・リリー

 <要約>

  • おしゃべりになり、仕事がうまくいく気持ちになっていきやる気に満ちた。
  • 4日目、朝起きると幸せな気分で目覚めて、スッキリしたので再度服用、お酒のような軽い酩酊状態にしかしお酒よりもコントロールができる感覚
  • しかしながら連続使用すると、集中力は下がっていったので一日あけた。
  • 再度服用するとやる気が満ち、頭が冴えて1日が早く終わる。

 

最後に

今回調べてみて面白い体験談や、効果を知ることができました。

しかしながら、LSDは現在日本では禁止薬物となっておりますので、所持も使用も禁止されていますので手に入れようとしないようにお願いします。

 

国際的なシンポジウムも行われて、概ね肯定的な意見が出ているので、大麻の解禁の流れに乗って合法化されることを期待しましょう。

 

ちなみに生みの親のアルバート・ホフマン博士は102歳まで生きたようですが、LSDが関係しているのかと勘ぐってしまいますね笑

 

<オススメ書籍>

薬物などに関して学術的に学びたい方はコチラをどうぞ