刺激的ゴリラブログ

忘れっぽいゴリラの忘備録⬇︎Twitter⬇︎ https://twitter.com/Exagorilla

【検証】アクセス数を増やして、減らさないために「自分ルール」を決めて毎日更新してみようぜ!

毎度どうもゴリラです

 

ここ数日は幸運なことに、予定が全くないおかげでブログの更新がはかどっています!

 

アクセス数も右肩上がり状態!嬉しいですね!

 

f:id:USG:20180901192048j:plainオイラやれる気がするよ!おかぁちゃん!

 

ってことで

毎日更新するためにルールを決めます

 

なんでそんなことするかって!?

そんなもん決まってんだろぉ!!!笑

f:id:USG:20190205191848p:plain

ちなみにゴリラはマイトガイがNARUTOの本当の主人公だと思ってってるけどみんなもそうだよね!?

 

 

毎日更新するメリットとは?

4年ブログをやってきて分かったことが一つだけあります!

くだらない記事を書いてもPVは伸びないということです

 

質を重視した方が良いのでは?

そう質が大事なんですよ!でも、その質って誰が決めるの?

そう!質を決めるのはこれを読んでる人たち!

読者です!

 

つまり、記事の質なんて僕が気にしてどうにかなる話じゃない!

もし狙ってやるなら天才というか怖い!サイコパスでしょ笑

 

ある程度の質は量に担保される

とはいえ、内容が薄いのに面白く見せたりとか

文字を読みやすくするなどの技術はあると思います

 

例えるならマラソンと同じで

5km走るのに全力ダッシュだと疲れて最後まで走れませんよね?

 

つまり、長い文章を読んでもらえる工夫などが必要なのです

 

毎日更新するための自分ルール

  • 伝えたい内容や読んでもらう人を考える
  • タイトルをよく考える
  • しっかり見出しと構造を意識する
  • 毎日更新!

ではこれらの説明をしていこうと思う

 

伝えたい内容や読んでもらう人を考える

当たり前のことなのですが、例えば

この記事では僕と同じように、毎日更新してみようと考えてるブロガーやその結果がどうなるのか知りたい人に向けて書いてます!

 

なのに、記事の内容が

「まぁ〜俺、毎日更新してぇ〜天下とってやっから〜!まぁ見てろよ!夜露死苦!まじ卍〜!」

 

みたいなオナOニー記事だったら、面白くないしなんの価値もないですよね?笑

f:id:USG:20190205200225p:plain



読んでいる人がいる事を常に意識する「心」ですね

 

タイトルをよく考える

話が少し変わるのですが、スタジオジブリの名プロデューサー鈴木敏夫を皆さんはご存知だろうか

 

ジブリの成功は彼なしでは不可能と言っても過言ではない人なのだ

誰もがしる名作「もののけ姫」の面白いエピソードがある

 

天才、宮崎駿監督がこの映画のタイトルは「アシタカ戦記」にしたい!その方が良いよと提案した

 

それに対し宮崎駿を騙して「もののけ姫」にした話がある

 

結果は皆さんご存知の通り興行収入193億円の大ヒットになった

このタイトルの凄さとは?

まずアシタカ戦記だと

これからみようとしている人は、勝手に予想しだすと思いませんか?

あーなんか、このイケメンが侍相手に無双する話かなぁ〜見るのやめようかなぁ〜


しかし、もののけ姫だと

もののけなのに??どんな設定なんだ!予想できない!

とインパクトが残るのです

 

例えば世の中の名言に

・考えるな!感じろ!

→考える 感じる

・事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ

→会議室 現場

 

このようにタイトルやセリフに反対の意味の言葉を入れるとインパクトを残せる

 

しっかりと見出しと構造を意識する 

これは大きい見出しのタグと小さいタグを使い分けると言う初歩的なやつです

 

読者に読みやすくする意図もありますが

 

一番はgoole先生に評価してもらうためです

  • 記事タイトル
  • 記事の概要文
  • 本文中の見出し
  • 本文の冒頭

としっかりダグ付けすることによって、読者とgooleが理解しやすい構造で書きます

 

あとは読みたいところだけ読みやすいように

 

毎日更新する

まぁこれは大前提ですね

 

これをする目的は自分自身の技術の向上とアクセス数増加を狙ってやります

 

最後に...

とりあえずは3月5日まで毎日更新してみて結果を報告したいと思います!

 

なんだかんだ楽しいのでやってみようと思います!

気楽に続けましょうや!

 

 

<鈴木敏夫先生の本>

 

<書道家沼田博美先生の作品>