刺激的ゴリラブログ

情報過多のインターネット時代に価値のある情報を選ぶ手助けをしたいです ⬇︎Twitter⬇︎ https://twitter.com/Exagorilla

MENU

自信がない男が読むだけで自信がつく話

f:id:USG:20190301145438p:plain

自信がないという人は少なくないと思います

 

2000人以上の会員数があるスポーツクラブで社会的に成功している人とそうでない人の話を聞くと決定的に「自信」の差があるように感じました。

 

なぜ自信がないと成功しないかというと、「期待感」を相手に持たせられないことが原因だと思います。

 

期待感とは例えば女性が貴方とデートしたら楽しいだろうなぁ〜とか、この人と商売すれば何か面白そう!といった好奇心のようなものです。

 

しかし、自信のない人間はネガティブになりやすく、無駄に現実的になり何かを始めるスタートラインにも立てないという状況になります。

 

大雑把にまとめた弊害として

  • 他人の目が気になってしまう
  • 長所ではなく短所に目がいってしまう
  • 自己主張ができない
  • やる前から行動に移せない

などがあります

 

以下、弊害の対策

<目次>

 

他人の目が気になってしまう

自信がない人はすごく他人の目が気になります。

なぜなら「自信がない」という状態そのものが他人との比較から生まれてくるのです。

他人の目を気にすること自体は悪いことではないのですが、無茶苦茶つらい生き方だと思います。

貴方が他人を嫌うのも自由ですよね?それと同じように貴方を他人が嫌うのも自由で、気にしても意味がないのです。


苦手な人や嫌いな人は気にせずに、好きな人だけ気にしましょう。


アドラー的に言うと、嫌われる勇気を持てば人生が楽になるといったところでしょう。

長所ではなく短所に目がいってしまう

社会を生きていく上で短所に目がいくのはすごく不利なことです。

学校の教育の中では苦手は克服して、総合力が高い人間が評価されましたが、社会においては専門性、つまり長所が高い人間が評価されます。

例えば全てが3の人より、数学だけ5の人の方が評価されるのです。スポーツ選手なんかいい例ですよね。

あいつ勉強はできるけど他はダメだよなぁ〜とか言ってるやつは勉強すらできていない可能性があり、ただ嫉妬してるポンコツな奴が多いので無視!!


長所だけ伸ばしまくれば社会には評価されるので、短所は全力で無視しちゃってください!

自己主張ができない

自信がない人は会話に積極的に参加できない人が多いです。

その原因として、間違っていたらどうしよう、嫌われたらどうしようと言う2つの理由があるように思われます。

 

会話において間違っていることは悪いことではないですし、その程度で嫌ってくる人間は初めから嫌いだった可能性が高いので無視しましょう。

 

人の話をよく聞いて考えて喋っているのであれば間違っていることも、主張することも悪いことではないのです。

やる前から行動に移せない

やる前から失敗することばかり考えてしまうので、自信がない人は行動に移せないです。

しかし、物事はやってみると割と上手く行けば失敗することもあります。

つまり僕らは預言者ではないので、必ず失敗するとも成功するともわからないので、実行してみて状況に合わせて対処するしかないので考えるだけ無駄なのです。

 

面白いことに成功している人の話を聞くと、そんなに先のことまで考えていない人が多いのです。

 

 

根本的な解決方法

www.gorigori.site

⬆︎この記事で書いた通り、世の中の人間のほとんどは現状は過去より悪くなっていると勘違いしています。

 

つまり、自信のなさとは悪い状況を回避するための本能に根ざした行為と言えます。

 

自信がないと言う行為は現状を最悪の状態に持っていかないためのリミッターのような役割を果たしていて、全ての人間に搭載されています。そのリミッターを意図的にはずした人間は自己肯定的になり、成功しているのです。

 

つまり、自信やそれがない状況自体は頭の中の想像にすぎず、なんら客観性はないのです。

 

一番いい解決策

自分の得意なことを極めて他人に勝てば自信は簡単につきます

例えば僕はベンチプレス 140kgあげることで色々な自信がつきました。

一見すると、実社会でなんの役にも立ちませんが、多くの人はそれを評価してくれます。

それはなぜか?

 

例えばサッカー選手や野球選手は現実の生活においてなんの役にも立ちませんんが、コンビニの店員や会社員より評価されます。

人は自分の不利益にならなければ役に立たないことでも評価し、特に自分にできないことは素直に喜んだり称賛したりするのです。

 

人との比較から生まれた自己否定は、人の評価によって精算しましょう!

 

 

f:id:USG:20180901192048j:plain自信があるもないも脳内妄想!!!